MENU

衛生的だと海外では定番のハイジニーナ脱毛

日本では、まだまだハイジニーナ処理というのは一般には普及していません。聞いたことあるよ!という人もいますが、海外に比べたらまだまだ認知度だって低いのです。何故日本ではあまり広がらないのかは文化の面から考えることもできますが、ここでは海外のハイジニーナ処理をご紹介し、日本との比較にして頂ければと思います。そもそもハイジニーナは処理していれば清潔というメリットがるので、面倒だということや、脱毛するには恥ずかしさがるということが処理を妨げていると考えられます。

 

欧米の常識

欧米では、男性もアンダーヘアーの処理はエチケットとして考えられています。衛生面に気を付けたいという意識が広がっているのか、それが一般的という意見もありました。しかし、意外なのはワキ毛の処理はそれほどしていないことです。生やしたままの女性も多いようですが、ご存知の通り、欧米では金髪の人も多く、毛の色素が元々薄いため日本人のように目立たないのです。また、衛生面を考えるなら確かにワキよりアンダーヘアーを処理した方がいいと思われます。
また、ラテン系の国ではVIO全てがツルツルスベスベなのが更に当たり前なようです。サンバでTバックを履いている人たちはさすがですね。

 

イスラム諸国の常識

イスラム諸国のイメージはどうですか?女性は特に布で顔まで覆っていることが多いので未知であるという人も多いと思います。しかし、こちらも男女ともにアンダーヘアーを処理することはなんと義務なのです。イスラム教の聖典のコーランに、VIOライン、ワキの毛を剃る、または抜くことが記載されているというのに驚きです!この教えに従っているので皆さんツルツルということです。

 

まとめ

こうやって見てみると、海外ではパイパンであることが一般的なようですね。日本はそういう意味では独特の感性を持っているといえます。世界の国と比べても湿度が高い国なのですから、海外以上にハイジニーナ処理が進んでいてもおかしくないのに、不思議なものです。海外のことを知る時には、日本で教えられた常識というものは非常識にもなりえます。もしも日本ではなく、パートナーの国の文化に合わせるというのであれば、そういった時代背景やエチケットに従うのもありですね。もし相手が引いちゃったら、日本の文化を教えてあげましょう。